足袋やネット

福助足袋、和装肌着、法衣、作務衣、履物、仏具などの販売 足袋やネット

お問い合わせ

商品カテゴリ

コンテンツ

 

 

HOME»  足袋の博物誌

足袋の博物誌

足袋の歴史1

※足袋の「語源」については多くの異説があって定まらないが、「単皮」または「踏皮」からその語源を求めるのが正しいらしい。
足袋は、襪(したうず)の発達したもので、襪(したうず)は外国より伝わったものであろうが、足袋そのものはわが国の独創によるもの
にまちがいない。
足袋は、古来より足を汚れや傷などから守り、さらに暑さ寒さからも守る防暑防寒の役割があり、かつ儀式などのために威儀を整える
には必要な装飾の一部であった。足袋は本来大別すると革足袋と織布足袋にわけられる。
革足袋は、熊、トラ、鹿、猿、犬、牛、馬、海豹(あざらし)、などの獣皮をなめしたものを使い、白の他、色々な色に染色されて使用された。

 

平絹の襪

 

双華文錦の襪

平絹の襪

 

双華文錦の襪

 

赤地錦の襪

 

布の襪

赤地錦の襪

 

布の襪

 

足袋の歴史 その2

※木綿足袋は徳川時代の初期に発達したものである。明暦3年(1657)の大火後の革の高騰が木綿足袋を流行させた。職布足袋には、
一般的な綿府のほかに、変わったところでは、毛布地を表生地に使った「とろめん足袋」、メリヤス地を使った「メリヤス足袋」もある。
甲はぜについては、江戸時代から鯨のひげを使用されていたが、他に水牛、馬爪も使われた。明治20年代は甲はぜは全体の3割程度で、
後は紐足袋である。明治20年末頃から東京方面で真鍮の甲はぜが使われはじめたという。

 

紐付足袋

 

刺繍足袋 出井伸之氏蔵

紐付足袋

 

刺繍足袋 出井伸之氏蔵

 

麻の襪

 

麻の襪

麻の襪

 

麻の襪

 

踏皮(徳川家康所用)徳川美術館

 

谷風梶之助使用の木綿足袋 相撲博物館蔵

踏皮(徳川家康所用)徳川美術館

 

谷風梶之助使用の木綿足袋 相撲博物館蔵

 

革足袋 鈴木真弓氏

 

雷電為右衛門使用の木綿足袋 相撲博物館蔵

革足袋 鈴木真弓氏

 

雷電為右衛門使用の木綿足袋 相撲博物館蔵